シンスプリント

こんなお悩みありませんか?

  • 部活が始まったらスネの内側が痛くなった
  • シューズ・スパイクを変えたらスネが痛くて走れなくなった
  • スポーツを始めるとスネが痛くなる
  • 内くるぶしから15~20cm上の圧痛
  • 運動のし過ぎで脛が痛い

蕨市 がらぱご蕨整骨院|なぜシンスプリントになってしまうの?

シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎」と呼ばれ、反復する運動(ランニングやジャンプ等)により下腿内側の骨へ刺激が加わることや、地面をけり出す際に使う足首や親指の筋肉が下腿骨の筋膜を反復して牽引するために炎症を起こし、骨膜炎を引き起こした状態です。
始めたばかりの競技や過度のトレーニング、新しい靴、馴染んでいないシューズやスパイクが原因となることが多いのも特徴でオーバーユース症としてカテゴライズされています。
病態は疲労を原因とする(ヒラメ筋、腓骨筋、前脛骨筋)の柔軟性低下で、筋付着部の骨膜がそれぞれの筋に繰り返し牽引された為に炎症をおこしています。

蕨市 がらぱご蕨整骨院|当院のシンスプリントの治療法

まず第一にシンスプリントはオーバーユース(使い過ぎ)が原因ですので患部の休息期間が必要です。休息期間をとらなければどんなに優れた治療も効果を発揮できません。
蕨市のがらぱご蕨整骨院では適切な治療期間をお伝えするとともに、症状の状態を確認しながら原因となっている(腓骨筋、ヒラメ筋・前脛骨筋)をダイレクトに伸ばすストレッチを複数施します。
また運動をお休みしている間に出来るお勧めの上肢や体幹のトレーニング等もお伝えしております。

シンスプリントの症状でお悩みの方はぜひ、がらぱご蕨整骨院へお越しください。

当院へのアクセス情報

所在地〒335-0001 埼玉県蕨市北町1-5-10
駐車場軽自動車1台有り 近隣有料パーキング有り
電話番号048-229-4947
予約電話・LINE・エキテンネット・予約優先制
休診日水曜日 日曜日の午後